CFA資格概要と私が受験する理由

ここでは、私が勉強を進めているCFA資格の資格概要や、自分なりの受験理由をまとめておきたいと思います。

 

資格概要

CFAは日本語で米国証券アナリストと呼ばれる、CFA協会認定のアナリスト資格です。

CFA Institute リンク

・試験は全て英語(筆記のみ)、レベル1、2はマークシートのみですが、3は半分記述式。海外経験のない日本人には結構しんどい内容となっております。

・試験実施回数は年一回(レベル1のみ二回)、日本における開催場所は東京のみの実施。

・取得コスト自体は一般的な資格と比べるとそれなりにします。Time valueを体現しており(笑)、早めのエントリーが大事です。大体最低限のコストで30万円程度かかります。(私はもっとかかっています。別にまとめたいと思います)

 

受験理由

①金融機関勤務(特に資産運用業界)において箔がつく

CFA自体の独占業務はありません。あくまで個人的な経験で申し上げると、金融機関勤務で保有者は一定箔がつくといった感じがいたします。

日本のCMA資格(日本証券アナリスト協会認定)は私が勤務している会社で資産運用関連の部署に勤務する人は必須レベルの資格になっています。
(※そもそも協会への年会費を払いたくないがため、受験、合格後に名刺にすら載せない人もいます。試験合格といっている人たちはこの部類です)
範囲は広いですが、得点数自体が低くても受かることもあり、必須扱いの様相です。

一方、CFAは全世界的に知られている資格であり、持っていると一定運用を知っていると思われるようですし、海外のAM会社のポートフォリオマネージャーのバイオグラフィをみても、CFAは一つの基準をクリアしている人々と思われるように感じます。(こんなイメージ)言わずもがなですが、日本ではその希少性は更に上がります。

 

②金融市場は米国が中心であり、英語で体系だって勉強することにより、日常業務の理解を深めたい

やはり世界の資本量は米国がダントツであり、米国のプロフェッショナルの方々と渡り合う(話がきちんと通じる)ための一つの勉強道具として、受験したいと感じました。

運用実務のOJTをこなしていく中で一定程度の知識はつくのですが、体系だって学べるプログラムは会社にはありません。(少なくとも当社にはありません)

また、実務経験も浅いと聞いたことがない専門用語に出くわすことが多分にあります。そんなときに分かったふりをしてしまって、そのままやり過ごすことも思い返すとあったと自省しています。(でも、それで意外とどうにかなることも多いのですが・・・)

CFAの勉強を進めることで一つでも解消したい、そんな思いを持っています。

Level2まで受験したうえでの感想ですが、CFAを勉強していて、会社の業務に関連するような実践的な内容についても触れられていると感じますし、日本人が日本語で勉強していること(財務指標やValuation, 経済理論やデリバティブ、、)の何から何まで、ほとんどが海外からの輸入であり、英語で勉強することでより理解が深まったと感じています。

 

次回は私の勉強法について簡単に触れたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA