CFA level3 受験記

今更ながら、CFAのLevel3受験を受けてきたので当日の感想や関連事項をまとめたいと思います。

6月15日、今回の会場はTKP市ヶ谷カンファレンスセンター。過去は東京ビッグサイトや池袋のサンシャインシティだったので、何となく受験者数が減少したのかな・・??と感じました。ただ2Fから8Fまで、すべて受験会場になっていた様子。

外は生憎の雨で、お昼休憩等の際にも、一斉に外に行くため混み合う状況であり、事前の下調べが重要。実際にCFAのWEBページからも近隣のランチ情報に飛べるようになっておりました。

残念ながら会場には今回も同様、ウォーターサーバーがあるものの、トイレ自体は部屋になく、私め、午前の記述の時は結構苦しかったです。というのも相変わらず、受験室への案内がいまいちで時間が押せ押せになるのです(受験者の受験票確認と、持ち物確認だけなのですが・・・)。

なお今回はポケットティッシュのカバーが今回は丸ごと外されてもわざわざ返却されている様子!(前回エントリー参照)。

個人的には会場自体が寒く感じるときがあるので、パーカーみたいな上着を持ち込んだこと、耳栓を持ち込んだことはやはり良かったと思う一方、筆記は超スピード勝負であるため、鉛筆二本の持ち込みはやや少なく、しくじったかなという印象。

また午後は選択式になるわけなのですが、午前の猛烈な気の焦りの反動で、やや回答時間に余裕ができてしまったことにより、緩んてしまい、マークミスに気付かなかった点は自身として後悔が残る点。

試験記述終了後、You are now dismissed!と試験官から通達されて瞬間の開放感はこれ以上のものはありません。1年間(勉強は実質10か月間)、大変長いみちのりでしたが、合否如何でも前向きに捉えていきたいと思います。

※今年は300hoursのサイトによると、おそらく20日の深夜頃の発表になりそうとのことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA