CFA勉強法(Level1, 2)、勉強時間など

ここでは、CFA資格に関して、私の勉強法について触れたいと思います。
(2017年レベル1合格、2018年レベル2合格)


※ご参考 やぎのすけのLevel1受験時の知識レベル
・TOEIC 800点台
・簿記2級
・証券アナリスト
(合格したのは数年前。直近2次合格の方であれば、大分有利と思われます。)

試験だけでなく、電話帳のようなテキストや参考書を読む必要があるため、英語は苦手意識があると苦労すると思います。

また会計に関しても、主に財務指標やIFRS、US GAAP(国際・米国会計基準)との違いがトピックスとして出てくるので、会計の知識は持っていることにこしたことはありません。

過去問はないか?

試験勉強に一番重要な過去問ですが、CFAの場合、ありません。※
また、ネット上を調べても情報はない(はず)です。なぜなら、協会が発表していないことに加えて、どんな試験が出たかということを共有することはcharterholder(資格保有者), candidate(受験者)として、CFA協会より禁止されているからです。

ただ、協会は受験者に対しMock examを年末頃Web site上で発信しており、これをこなして復習することで、十分合格レベルには到達する印象を受けます。

※2019年8月追記 Level3のみ、エントリー後、協会WEBページ内で英文論文形式の過去問提供がありますので、念のため補足させていただきます。別途紹介させていただきます。

使った参考書

schweserのテキストを使っています。

私はレベル1、2ともにschweser note (テキスト+問題集一冊)を購入しました。

レベル1の時は日本語の参考書(CFA受験ガイドブック)も使いました。一定日本語で勉強する上で、参考にはなりましたが、出題範囲は多少異なっています。

勉強方法

具体的には以下のとおり進めました。(Leve1,2ともに一緒です)

CFAは多くの単元があるため、理解に必要かつ出題分量が多いところ(具体的には、Financial Reporting and Analysis, Equity, Fixed Incomeなどの単元)をできるだけ早めに勉強し、最後に職業倫理(Ethical and Professional Standards)を解いていくような流れで組み立てました。

※CFA Study session →こちら

時間が取れるときと取れないときで、下記のような進め方をしています。
①時間が取れる単元
  schweser読み込み(+テキスト読み込み)
 →テキストの章末問題を回答

 →分からないところをテキストで復習

②時間取れない単元
  schweser読み込みのみで終了

  ※追い込みのタイミングの問題集で分からなかった分野を復習

総仕上げとしてschweser問題集とCFAのWeb site上のMock examを解き、試験に臨みました。Mock examの問題は内容として難しかったり、ややひねった内容の問題も一定見られたので、出来なくてもあまり気にしすぎない方がいい気がします。

ノートに関しては①最初のテキストを読むタイミングでまとめる、②問題集を解いていてわからなかったところを中心にまとめるなど、いろいろあるかと思います。(私は両方行いました。)ただ範囲が膨大なため、②中心の方も一定いると思われます。

また、適宜、勉強法については数少ないCFAの受験ブログ(日本語)を読んだり、わからないトピックがあれば、Analyst Forumの掲示板に同様のスレッドがないかチェックしたりもしました。

勉強期間・勉強時間

schweserの新年度版が発表される8月くらいからゆっくりと学習していました。
休日は1日3時間以上勉強時間にあて、平日も早く帰れた日はカフェで1時間程度勉強するようにしました。合計約300時間程度と思われます。業務多忙な時期は平日の勉強が難しいときもありましたし、今日も進められなかったと自戒の念にかられることもしょっちゅうありましたが、できる限り4月までにはテキストを終わらせるように心がけ進めました。大体、上記のように進めると大体5月のゴールデンウィーク頃が追い込みとして佳境の時期になりますのでこれから受験を検討される方は覚悟された方が良いかと思います(笑)

5月以降は時間を計りながら、問題集でわからないところを復習、をエンドレスに繰り返しました。
上記の勉強量がきちんとこなすことが出来れば、決して難易度が高い試験というわけでもないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA