CFA 取得費用や参考書(Schweser)の買い方

ここでは自分のCFAの取得費用やschweserの買い方について触れたいと思います。


CFAは米国の協会であるため、ドル建での支払が必要です。クレジットカードでの支払が一番簡単だと思います。これは主要な参考書(schweser)も同じです。

CFAの取得費用

私の場合は、以下のイメージとなりました。

All cost of earning the CFA chareter(CFAを取得するための全コスト)

※レベル3は予定額。インフレ率2%の国ですので、参考書等は価格が若干毎年上がるかもしれません。
※※パスポートも原則必要になっていますので、厳密にはその費用も必要ですね。
以下、表内の項目に沿って、説明いたします。

CFA受験のためにはまずCFA Instituteへの登録(併せて登録料+Level1受験料の支払い)が必要です。

その際、登録料は変わらないのですが、受験料は試験に出てくるようなTime valueを正に体現しており、登録タイミングによって数万円程度の差が出てきてしまいます。(恐ろしい・・・)

2018年12月試験(Level 1 )だと下記のようになっているようです。

・早め 650ドル(3月14日登録まで)

・真ん中 950ドル(8月22日登録まで)

・最終 1380ドル(9月12日登録まで)

 

本当は自身の仕事の状況や準備状況を鑑みて、もう少し直前で受験有無を決めたいところなのですが、是非、ここは腹をくくって、受験登録は早めにしておくことをお勧めします。

また、費用ですが、entryのタイミング以外に、CFAテキストは電子版のみ使用が一番安上がりですみ、印刷版ありを選ぶと、その費用が加算されます。

schweserの買い方

オンラインで購入できます。

まずこちらのページに行って、4つのパッケージプランから1つを選びます。

自身の勉強に充てられる時間や、取得費用を見て、プランを選びます。Online Seminarがないものからすると、Essential もしくはSchweserNotesの2択になりますが、私の場合は、仕事上数多くの問題集を解く時間が取れない可能性が高かったことやコストの面を考慮して、SchweserNotes(テキスト+問題集1冊)にしました。

①プランを選ぶと、eBookのみか、Printのみか、ebookかつPrintを選ぶ画面になります。一つ選んでから右下のContinueをクリック。

②次にアドオンということで、オプションの教材を選ぶ画面に遷移します。フラッシュカード、まとめテキスト、音声ガイドのようです(私は買っていませんので、詳細な内容はわかりません。)。必要な方はチェックして右下のContinueをクリック。

上記の作業が終わり、改めてログイン、支払い方法であるカード番号の入力、配送費や配送場所の確認が終わると、購入完了となります。

私の場合は過去2回、1週間程度で到着、配達業者は確か、UPSだった覚えがあります。日本の郵便と違って再配達は厳格に三回までと決まっているようです。(私の場合は1度受け取れなかったので宅配BOXに入れてもらうよう個別にメールで依頼しました)

 

ちなみに少しでも取得コストを下げたい方はたまにこれらの参考書につき、メルカリでも出品されていることもあるようですので、チェックしてみて下さい。(もちろん書き込みや使用感は多分にあるものが多いようですが・・・。)試験結果が出る8月上旬以降であれば売り出しが増えるかもしれません。

日本(日本語)での通学・通信教育

TACで通学等の講座が用意されています。費用は20万円程度のようです。受験の需要を考えたら当然だと思いますが、教室講座は八重洲校のみに限定されているようです。私は受けていないため、今回はご紹介のみ、となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA